上顎前突・出っ歯の矯正
Deppa

前歯が出ている~上顎前突・出っ歯~

前歯が出ている~上顎前突・出っ歯~

上顎前突(じょうがくぜんとつ)」とは、前歯が出ていたり、上顎全体が前に出すぎたりしている状態の歯ならびです。一般的には「出っ歯」といわれます。こちらのページでは静岡県沼津市の矯正専門医院「石原矯正歯科」が、上顎前突の矯正治療についてご説明します。

上顎前突の原因

先天的な要因としては、上顎全体が前に出ている、または下顎が上顎より小さいなどが考えられます。後天的な要因としては、指しゃぶりや前歯を舌で押し出す癖などによって、出っ歯になってしまうことがあります。

上顎前突のリスク

見た目が気になるのはもちろん、前歯でしっかりものが咬めず、奥歯ばかりで咬む習慣がついてしまいます。また、唇が閉じることができず、口呼吸になりがちで耳鼻科疾患を招きやすくなります。

また、口が開いてしまうことが多いため、ドライマウスになりがちです。口が乾いた状態が続くと、唾液の分泌量が低下して、細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。結果として虫歯や歯周病、口臭発生の原因にもなるのです。

治療開始の最適な時期

治療方法にはいくつかありますが、7歳くらいまでには受診して、治療開始時期を検討されることをおすすめします。子どものうちに治療を開始したほうが、歯を抜かずに矯正できる可能性が高くなります。

上顎前突の矯正についてよくある質問

Q1.歯を抜かずに出っ歯の治療はできますか?

A1. 状態によっては難しいこともあります。一般的に出っ歯の矯正治療では、抜かない矯正と抜く矯正の両方から選択できますが、選ばれた方法によって治療後の口元が大きく変わってきます。抜く、抜かないという点だけではなく、治療後の仕上がりまで考えながら方法をお選びください。当院では患者さまが納得いくまで、ていねいにご説明させていただきます。

Q2.部分的な矯正でも、出っ歯の治療はできますか?

A2. 出っ歯の程度によって異なりますが、部分矯正で対応できることもあります。歯を引っ込めるためのスペースがなく、抜歯が必要なケースでは部分矯正は難しくなります。当院では患者さまの歯の状態を拝見してから、最適な治療法をご提案いたします。

症例紹介

症例紹介 症例紹介 症例紹介
症例紹介 症例紹介 症例紹介
【症例】
上顎前突
【治療法】
【参考費用】
【解説】
唇が閉じられないほど前歯が突き出た「出っ歯」であった患者さま。上の第一小臼歯(中心から数えて4番目の歯)を抜歯してからの治療となりました。治療後は唇をしっかり閉じることができるようになり、引き締まった表情になりました。
当院の最新情報はfacebookから

PAGE TOP